人工知能への対応

人工知能への対応

 人工知能とは、人工的にコンピュータ上で人間と同様の知能を実現させる技術を指します。
*人工知能の内容、可能性
 特に人間の言葉を認識、解答する技術、画像認識から、自動運転をおこなう技術等々、これまで人が多くの時間を費やしていた1カ月分のデータ集計・分析を、20~30時間ほどに短縮できるようになります。
 さらに、それ以外の自動応答やオペレータ支援などで人工知能を導入する技術も進歩してきています。
 たとえば、顧客からのクレームを人工知能が認識して適切に対応する時代はもうすぐ実現する段階にきています。
 あるメーカの開発した対話型人工知能はコールセンターのオペレータのサポートを行うなど、さまざまな対話に利用が可能です。
 特にクレーム内容の連絡は相手の機嫌や緊急度などからきめ細かい対応を求められる仕事でもあるため、人工知能など機械がその仕事を行うのは比較的困難とされてきましたが、そのようなきめの細かい対応も可能となる時代になってきました。

さらなる応用も進んできました。

 さらに売りっぱなしに近かった工業製品にも、人工知能であらたな付加価値をつける時代が始まっています。
 つまり工業製品と連結したセンサーから集まったデータを元に、何か異常が起こった時や、想定外の利用方法をしているため製品の性能が発揮できていなかったり、故障に繋がる危険があることを検知し、利用者に連絡することができます。
 また、データを人工知能により分析することで、製品そのものの故障時期の目安や、メンテナンスが必要な時期の予測も可能になります。

スマートドクターの進展

 医療分野での応用はスマート・ドクターといわれ、人間の身体の状況を把握して、適切な医療行為をおこなうことも可能な時代に入ってきました。

デープラーニングとは

 人工知能は今、第三次ブームに入り、単純な自動応答の時代から、ディープラーニング(深層学習)といわれる多層的で、きめの細かい認識が可能となってきています。
 この技術は、今後様々な分野で実用化されていくと予想されます。

そこで必要なことは

 人工知能は情報収集をスピーディーに認識し、分析し、計算しすることについては可能でありますが、この技術を活用できる論理的な思考力、より深い洞察力、チャレンジ精神を持った優秀な人材がさらに求められてきます。
 つまり、人間力といわれる、心温かく、利他の精神を持ったコミュニケーション能力の高い人材が必要とされます。
 

結論

 新時代の人工知能はディープラーニングが可能となり、人間社会の中に深く浸透してくると予想されます。
 人工知能は認識の技術ですので、認知に関わるような職業については人工知能によって代替される可能性が高いと予想されます。
 これからの人材は、人工知能によってより的確な情報収集と分析をおこない、創造性やコミュニケーション能力などの心温かな、対人関係力のある人間力の光る人材がもとめられます。
 その両面が輝いてこなければ、人間疎外などの精神的な疾患をもった方が多く出てきないかと危惧します。